第41回未来の科学の夢絵画展・第77回全日本学生児童発明くふう展の受賞者を発表!

カテゴリー: 発明の奨励に関する表彰及び展覧会等の事業青少年等の創造性開発に関する指導、相談及び情報提供等の事業

第41回未来の科学の夢絵画展

青森県及び一般社団法人青森県発明協会は、毎年、次代を担う子どもたちが、自由な発想で実現してみたい未来の科学に関する夢を絵画で表現し、科学的な探究心や創造力の開発・育成を目的とした絵画展を開催しています。募集作品の中から厳正な審査を経た県展受賞作品100作品を公益社団法人発明協会が主催する未来の科学の夢絵画展に出品しています。

 

未来の科学の夢絵画展は、小学校・中学校の部、幼稚園・保育園の部、外国人学校の部と分かれており、それぞれ特別賞、優秀賞、奨励賞が決定されます。今回、小学校・中学校の部においては、応募総数6,114点あり本県の受賞者は下記のとおりです。

 

【 文部科学大臣賞 】


 折り紙電池

十和田市立南小学校4年 新関 琥太郎

(十和田市少年少女発明クラブ)

折り紙の様に折る、切る、貼るなど、色々な形に変身する電池です。

太陽光で充電でき、紙の様に薄く、軽いので、避難所の保管場所も少しでOKです。

 


文部科学大臣賞について                                                                                       

 文部科学大臣賞は、特別賞の11点の中で最高賞であり、本県においては第38回に続き2回目の受賞となります。 


 

【 優秀賞 】
手ばなせなくなる杖
十和田市立三本木小学校3年 齊藤 寧彩

この杖は、きけんな場所に行くと、反応してくれます。行き先や住所を教えると、あんないもしてくれます。目の見えない人にとってとてもべんりです。

 

手ぶくろがた点字音声変かん機

八戸市立白山台小学校4年 大崎 寛生

(八戸市少年少女発明クラブ)

この手ぶくろをつければ、点字を音声で聞くことができます。点字をおぼえれば、しかくしょうがい者の人に手紙を書いたりできるようになります。

 

ほめまくら

十和田市立南小学校4年 川村 文乃

私はつかれた時まくらで気持ちがよくなります。でも肩もみをしてくれたりほめてくれたりするまくらがあれば次の日に気持ちよく起きれると思います。

 

なかなおりてぶくろ

十和田市立三本木小学校4年 細越 侑奈

このてぶくろをしてあくしゅをすると、けんかをした友達やきらいな人となかよくなることができます。これで世界から戦争がなくなるといいです。

 

人探知ゴーグル

十和田市立南小学校5年 下山 アンナ
がれきや土砂にうまっている人をすばやく探し確実に見つけ出します。生きていればハートが赤く光り、なくなっていればハートが青く光って知らされます。
【 奨励賞 】
未来のお天気変えラジコン
十和田市立三本木小学校2年 安本 旬佑

世界にひとつしかないラジコンで、自由に天気を変えれる。キャンプの時は晴れ。田畑に水を与える時は雨。涼みたい時はくもりなど。

 

どんな人の視力にも合うメガネ

十和田市立三本木小学校3年 柏木 菜々莉
このメガネは自動でその人のし力に合わせます。避難生活で目が見えなくて不便な人に、もしこのメガネがたくさんあったら、その人が助かると思います。

 

絶対ダメ!飲酒運転

五所川原市立東峰小学校3年 斉藤 かのん

(五所川原市少年少女発明クラブ)

お酒を飲んで車を運転すると、車がお酒の臭いを感知して警報が鳴る仕組みです。飲酒運転ゼロを目指して明るい未来を!

 

エネルギーをエンジンにする木

十和田市立三本木小学校6年 上久保 南
いつもなら油をたしたりしていますが、それだと環境に影響が強いので、油ではなく木のエネルギーで車を走らせたらいいなと思いました。

 

本県以外の作品をご覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

 

 

第77回全日本学生児童発明くふう展

この展示会は、公益社団法人発明協会が主催し、次代を担う青少年に創作する喜びと発明くふうの楽しさを体得させ、その優れた発明くふう作品を顕彰することにより、創造性豊かな人格形成をめざすことを目的として開催されています。

 

今回、本県では、22作品を推薦しました。各都道府県の発明協会等から756点の推薦があり、審査委員会で審査の結果、1作品が入賞しました。

 

【 入 選 】

マイナス10度傘

十和田市立三本木小学校6年 髙木 凰丞
お母さんがサッカーの応援をする時、暑すぎて頭がクラクラすると言うので、このマイナス10度傘を発明しました。この傘はさすだけで中の気温が10度下がります。実際に普通のビニール傘と、この傘を地面に置いて気温を計った時、7度の差が出ました。具体的には、外気温度44度、普通の傘41度、この傘は34度でした。工夫した所は、アルミ保冷シートのアルミ側を外側になるようにはりつけ、太陽の熱を反射させた所です。こうすることによって傘の中の気温を下げることに成功しました。

 

本県以外の作品をご覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

 

 

 

みなさん!

おめでとうございます。