知財総合支援窓口の運営及び各種事業の変更について

カテゴリー: 知的財産権制度の普及啓発に関する指導、相談及び情報提供等の事業

 

知財総合支援窓口の今後の運営及び各種事業の変更について

(R3.9.1~R3.9.30)

 

 

青森県発明協会では、青森県の新型コロナウイルス感染症緊急対策パッケージを踏まえ、今後の窓口運営について、9月30日までの期間、以下のとおり対応しますので、ご協力をお願いします。

 なお、「知財活用弁理士等派遣事業」は、9月30日までの期間、休止しますが、10月1日以降派遣分の予約は受け付けていますので、ぜひご活用ください。当該事業の詳細についてはこちらをご覧ください。

 「知財総合講座」は、9月15日からの開催を予定していますが、当初予定していた対面講座は中止とし、オンデマンド方式のオンライン講座のみとします。9月10日まで受講者を募集していますので、ぜひお申し込みください。当該事業の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

 

来訪者の方へ

 

 INPIT青森県知財総合支援窓口において、相談対応者による相談(対面・オンライン・電話・メール)は、通常どおり新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の対策を講じた上で運営しますが、対面相談は原則予約により対応します。

 また、県内6箇所で開催している弁理士等による無料相談会も、対面相談は原則予約により対応します。

 なお、発熱や風邪症状が見られる場合など体調が優れない場合は、来訪をお控えくださるようお願いします。

 また、いずれの対面相談の際も、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、マスクの着用、手指のアルコール消毒、体温測定及び健康確認票等の記入にご協力ください。

 

 

相談者への訪問(相談対応者の訪問及び派遣専門家の活用)

 

 相談対応者の訪問による相談応対及び弁理士等専門家の派遣は、原則休止し、電話やオンラインでの相談応対とします。

 なお、緊急性の高い相談案件等については、訪問による支援も可能ですので、ご相談ください。

 

 

ご予約・お問合せ先

 青森県発明協会青森県知財総合支援窓口)

電話:017-762-7351 FAX:017-762-7352  メール:soudan@aomori-ipc.jp